開会式ピクトグラムの中身は誰?パフォーマーはGABEZ!【東京五輪】

ピクトグラム

東京オリンピック開会式でのピクトグラムの演出が話題となりました。

「一番面白かった」「欽ちゃんの仮装大賞みたい」とSNSでも大盛り上がり。

あの青と白の玉を被った全身タイツのパフォーマー中身一体誰だったのでしょうか

調査した結果、日本人のパントマイム・アーティストであることがわかりました。

詳しく解説しますね!

【東京五輪開会式】ピクトグラムの中身は誰?

東京五輪開会式でのピクトグラムの演出が話題となりました。

あの青と白の玉を被った全身タイツのパフォーマー一体誰だったのでしょうか?

調査した結果、日本の2人組パフォーマンスユニットのGABEZガベジ)」であることがわかりました!

SNSでは、ピクトグラム中身は世界的にも有名なパントマイムアーティストの「が〜まるちょば」のヒロポンさんではないかという噂が広まっていました。

パフォーマーは途中3人になっていたので、GABEZの2人とヒロポンさんだったのでしょうか?

ところで「GABEZ(ガベジ)」って一体どんな人たちなのでしょうか?

スポンサーリンク

ピクトグラムパフォーマーの【GABEZ】ってどんな人?

GABEZ(ガベジ)は、MASAhitoshiからなる2人組パフォーマンスユニット。

ダンスとパントマイムを融合させた「DANCE & Mime Comedy」を展開し、最近は中国やニュージーランドでの海外公演も行なっているそうです。

ダンスとパントマイムとコメディの融合。

確かに開会式のピクトグラムの演出でも伝わるものがありました!

スポンサーリンク

【東京五輪開会式】ピクトグラムパフォーマーが話題に!

https://twitter.com/RyuukoKageyoshi/status/1418608582853947392?s=20

流れるようなピクトグラムの再現が素晴らしく、何度も見たくなるような印象に残る演出でしたね!

GABEZ(ガベジ)のお二人、楽しい演出をありがとうございました!